読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスなインフラエンジニアの日記

フリーランスで活動中のインフラエンジニア日々記録です

インフラ系フリーランスが、ネタ探しするときのツール

インフラ系フリーランスが、ネタ探しするときの道具

 たまーにブログネタとか、TRPGのシナリオネタ作りなどで詰まったときに持ち歩く物です。

f:id:pmgogo:20151204154455j:plain

 以上です。

アイディアだし

 というよりも、散歩の際に持ち歩く物ですね。道具類はAceの小型なボディバッグに詰め(メモだけはポケット)、財布とか小物だけで散歩しながらアイディア出しします。

 祖母が以前は俳句趣味だったのですが、ロディアのメモみたいなネタ帳(確か固有の名前があったはずだが、忘れたw)を持ち歩いていたので、それを真似ました。日常いろんなところにネタは落ちているので、メモ帳は必須。

 ポメラはずっとホコリを被っていたのですが、Evernoteとの連携機能がついてから使っています。こいつの弱点は日本語キーボードなことだけだけど、文章打つのには記号はあまり使わないため、日本語でも問題ないかな。後はテキスト書く以外に何も出来ないのがいいところ。他の誘惑に負けることがありませんw

 辞書機能も充実しているので、さながら俳句で言えば歳時記ですね。

制作工程

 散歩とか電車に乗りながら、中吊り広告(馬鹿に出来ない)、電車の中で読まれている新聞の見出しとかをメモする。駅構内売店の雑紙とかもネタになりますね。外なら、スマホの写真で撮影(以前はコンデジ持ち歩き)などでネタを集め、喫茶店などテーブルの使える場所でDM100でまとめる、自宅に帰ったら無線LANに繋いでEvernoteと共有。データを元にテキストエディタで整形。

 と、こんな感じです。

荷物少なくない?

 アイディアに詰まったときは必要最低限で、他に何も出来ない環境に身を置くのが大事です。古代中国の偉い人(名前忘れた)も、アイディアが浮かぶのは「馬の上」「トイレの中」「寝る前に布団に入ったとき」と、他に何もできない状況でこそアイディアが浮かぶと言っていました。

  確かロードス島戦記も一部のネタはトイレで生まれて、トイレットペーパーにネタ書いたとか……

プロ作家なら

 ビジネスホテルに缶詰とかなんでしょうが、最近のビジネスホテルはいろいろできてしまうので、駄目なような気がするw

 我々セミプロ・ゴーストライター・趣味の物書きはこの程度の環境に身を置けば十分ではないでしょうか(ポメラですら贅沢品)。なお、たまーにボイスレコーダーを持ち歩いて、口頭で記録することもあります。

  もっともこれは最近のスマホの進化でスマホ録音で良くなりましたけどね